2016.12.18

生活に少しプラスするだけで時給が上がった!在宅フリーランスのお金と時間の使い方

フリーランスとして独立して4年。今年を振り返った時「今年は家族との時間が増えたなー」と売り上げは期待していなかったんですが去年より大きく上回ってました。(来年の税金コワイ…)
ということは!!自分の時給を上げることに成功していたということ。毎日の積み重ねが結果をもたらしてくれました。
会社勤めの頃と大きく変わったお金と時間の使い方。ひとことで言うなら

働く時間は半分以下になったのに、収入は倍に増えた

ということ。
これだけ聞くと、スゲー!フリーランス!!って思うんですが、そこに行き着くまでは山あり谷あり…
今回はそこに行き着くまでのアレコレをまとめてみようと思いますm(__)m
(この記事はフリーランスの今年とお金の話 Advent Calendar 2016の18日目の記事です。)

フリーランスになったきっかけはお金

まず初めに…
私がフリーランスになったきっかけはこれだけ!「お金が欲しかった」から。
働きにでられない状況(保育園待機児童&妊娠など)にあり、どうしても収入が必要だった。

働くという選択肢が「」しかなかった。

そして過去にWeb制作会社で、一人でディレクター・デザイン・構築・サポートまでやってた経験があり、その頃から「これ全部一人でやったらどれだけ稼げるのか」という悶々とした気持ちもあった。

だから私のフリーランス人生には稼がないとやってる意味が無いというのが常にある。そして、自然にそういう働き方を意識しています。
もちろん自分らしく自由に働けて楽しい!という思いはありますが、そう感じるようになったのは、満足いく収入を得られるようになってからのことです。

妊婦・主婦・育児しながらフリーランスで稼ぐということ

簡単なことではありません。
普通に考えると、主婦が在宅ワークでしっかり収入を…なんて、この日本社会にはまだまだ浸透されてない働き方ですよね。

私は月に2回程度しか仕事で外に出ることはありません。基本、ずっと家で座って仕事してます。
やるべきことは仕事だけではない。子供の学校の役員(保育園と小学校)、地域の自治会活動、子供らと2人の育児、毎日の家事…
だからお仕事できる時間は1日のたった数時間。

そんな毎日忙しい主婦が会社勤めの時と同じ(それ以上)の収入を得ようと思ったら並外れた努力が必要なんです。
両立をしようと思ったら時間の使い方のプロにならないとできない!そう思ってます。

フリーランスの時給は自分であげられる

フリーランス4年目の働き方

子供達の

8時くらい「いってきまーす」でお仕事開始!
2時半から3時半「ただいま〜」でお仕事終了!!

子供達がいる夜や土日はお仕事しません。家族の健康を守る為に自分の健康管理も怠れない。子供達と一緒に眠りにつきます。
ということは、子供が学校に行ってる時間だけがお仕事できる時間。(赤ちゃんだった時は子供らが寝てる時間だけ働いてました)

そんな限られた時間しかなかったからこそ、時給を上げる為、どれだけ質の高いお仕事が短時間でできるのかが日々の課題。

毎日努力は怠りませんでした。

4年経った今、数字として結果を見た時、はじめて自分で自分を認めることができました(涙
もう胸張ってフリーランスとして時間の使い方のプロだ!!!!と言えるようになった気がします。

 

フリーランスの時給の上げるポイント 仕事編

便利なツールを駆使することや自分なりのワークフローを見つけることは時短化に繋がりますが、それだけでは時給は上げられない。
毎日の仕事の考え方に少しだけプラスするだけで、自然と時短化に繋がることをまとめてみました。

質問はしない

私は誰とお仕事してても質問を投げかけることが非常に少ないです。
一緒に仕事してる人は離れてる。1つの質問を投げかけても返事がくるのは数時間後、遅いときでは1日空いたり…。

だから私は、質問ではなく提案をする。

例えば、1つの作業に対して5つ質問する人と、5つ提案できる人ではその1つの作業にかける時間が全然違うんです。
単純に考えれば良いことも、5つの質問をすることでさらに細分化してしまってなかなか作業が着手できない。そういう状況を知らずと自分で作ってしまってる。

でも5つの提案をしてクライアントに5つの中から選択することだけ伝えると、連絡は1度で済む。この方法でお仕事がスムーズに進みます。

提案する力を身につけるには経験すること。

何でも誰かに聞けば早い!と思ってるのは大間違い。いつまで経っても時給は上がりません。
フリーランスは考える力・伝える力が時給をあげる為に大きく関係してきます。

検索名人になれ!!

「質問しない」働き方をするなら必須なのがgoogle大先生!

調べて実践して記憶に残す=スキルアップに繋がります。

目的の情報に素早くたどり着くには複合キーワードでの検索名人になること!

良いと思ったものは頭の中のライブラリに登録

私の師匠であるデザイナーは、いつも口ぐせのように言ってました。

「今日1日で見たもの全部、頭のライブラリに登録して」

その本当の意味がフリーランスになってよく分かってきた。

保育園送迎の間に見たもの、テレビで見たもの、お仕事中に見たもの、良いなと思ったものはぜーーーんぶ、見るだけじゃなくって記憶に残して!と。
私達の生活には情報が溢れてる。何気に見てないでそれも勉強だということ。
素敵なデザインを発見したら、なんで素敵なんだろう?という疑問を持つ!すると記憶のライブラリに登録しやすいです。

そして、いざお仕事!という時に頭の引き出しを開ける。すると手が勝手に動いてくれる。
私の頭のライブラリにはすごい情報が詰め込まれています。なので作業がとっても早いです。(記憶だけじゃ残らないものはブログに綴るようにしてます)

1日の終わりに今日のお仕事を評価する

何気に終わらせる毎日ではなく、その日の目標を持ってお仕事してます。(Todoistで目標管理)
そして必ずお仕事の終わりには今日の振り返りと反省・自分へのご褒美をあげるようにしています。

大切なのは昨日と今日と明日はリンクしてるということ。
昨日の成果は今日に、今日の失敗は明日に、前進していると気付くことです。

 

フリーランスの時給の上げるポイント 生活編

以下を読んでみて「あれ?わたしのこと?」って少しでも感じたら今すぐ実践してみてください!きっと前進できます。

無駄だと気付くこと・無駄なものは手放すこと

フリーランスは人それぞれ。生活環境も違えば軸に置くものも違います。
でも、その人だけの働き方の中で、必ず軸があるはず。
その軸から逸れてしまうものがあればすぐに手放すべきだと思っています。

時給をあげるには時間の使い方の質もあげること。無駄なことに気付いて無駄なものはすぐ捨ててしまうこと。
「捨てる」と聞くと時には勇気が要るものもありますよね。
でもきっと手放したら、手放した分、本当に欲しかったものが手に入ります。

「いいひとやめよう!キャンペーン!」に参加中です。(あ、プライベートは別ですww)

なりたいあの人を常に追いかける

自分の「軸」さえ見つかっていれば、自分だけの働き方が身につきます。
そこではじめて他のフリーランスと比べてみてください。

ただ、「あの人いいなー」ではなく「この人みたいになりたいなーっ」て目標となる人を見つける。
理想とする働き方をしている人の話は謙虚に、そして素直に自分の働き方に繋げること!

私は今でも尊敬するMさんやIさんのようなフリーランスになりたくって、定期的に彼女たちと交流する場を作り、2人と会っていっぱい吸収してます。2人に会った後の仕事の伸びが半端ないことに4年通して気づきました。背中を押してくれるというのも理由のひとつ。
時給UPへの近道です。

全て楽しく取り組むこと

そんでもってこれが一番重要!!!!
ポジティブな気持ちがないと時給は上げられない!

「あ〜仕事いやだなー」

って思ってパソコンに座っても、良いものが短時間で生まれる訳がない。心と手の動きは比例してると思ってます。

私は限られた時間しかお仕事ができないので、その限られた時間は思いっきり楽しむことにしています。
それはそれは、言葉では言い表わせないほど、お仕事できる時間を貴重に感じてます。ただいま〜って声が聞こえるまでのその限られた時間で、どれだけ楽しく質の良いお仕事ができるか、それは自分の心次第でもあると思います。

嫌な時に仕事はしない!
気分が良くなるまで他のことして、集中できるようになったらパソコンに向かう。

オンとオフの切り替えを意識してみてください。

お金お金!!!稼ぐことに集中した結果…

フリーランス3年目までは時間の使い方に悪戦苦闘…orz
育児が落ち着いた時、稼ぐぞーー!と勢いに任せて常に10件以上のお仕事を抱えて動いてたんですが、ひたすら作業する毎日に、体がついていかず(歳のせいかもなぁ…orz)
旦那さんも仕事が忙しく家庭のことは全て一人でやってたのもあり、無理が重なり体が先に悲鳴をあげてしまいました。

結果、家族の中心である私が倒れてしまい、旦那さんや子供達の生活まで崩れてしまうという…
なんとも情けない状況に陥ってしまいました、、(いや、まじあの時は大変だった…遠方に住んでる母親を思い出してはウウウっって泣いてました)

お金も大事だけど、家族の生活はそれ以上に大事!私には収入を得る事以上に大事な役割がありました。
だからこそ、仕事を詰め込まなくって良いように時給をあげる努力、今も怠りません。

お金じゃ買えないものを手に入れた今

稼ぐことを目的にフリーランスになったんですが…
いろんな事を乗り越えた4年目の今、お金じゃないものを手に入れることができました。それは、

家族との時間。

実際、働く時間が半分になって、残りの半分は子供達と過ごす時間にあてることができています。
子供達のちょっとした表情も見逃さずゆっくり話を聞いてあげたり、おかえりーって笑顔で言えたり、時間に余裕の無かったあの頃に比べると私の笑う時間も増えた気がします。

 

フリーランスのお金と働き方は永遠のテーマですね。4年目にして、ようやく自分の働き方を自信持って人に伝えられるようになりました!
生意気なこといろいろ言っちゃってますが、それなりに日々努力して今に至っております。

来年は、一緒にお仕事している人のお金も考えてあげられるようなフリーランスになりたいと思ってますm(__)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加