2016.11.15

失敗から学んだ在宅ワークの時間の使い方

家で仕事してるとよく言われる言葉。

「家でお仕事できるなんていいね〜」
「自分の管理もできないわたしには無理な働き方やわ〜」

私だってそう思ってた。
外が大好きだった自分がまさか引きこもって仕事するなんて、全て一人で仕事をこなすようになるなんて思ってもみなかったです。
良いことばかりではない。もちろん大変なことだってある。一歩間違えると大きな落とし穴も。

在宅ワークの働き方は自分次第なんです。

家で働いていても時間単位でスケジュールを組むこと

基本的に自由なのが在宅ワーク。自由に時間を使えるからこそ

「今日は予定があるから夜に仕事しよっと!」
「ちょっと疲れたから後回しにしよっと!」

なんて、自分に甘えちゃう働き方だってできちゃうんですよね。
でもそれって、仕事する上で一番してはいけないことだってこと。失敗して学びました。

時間単位できっちり管理

家でお仕事してたって、きちんと時間単位で動いてます。
例えば、3歳保育園と8歳小学校に通うわたしの今の働き方はこんな感じ

3歳8歳育児中の私の在宅ワークスケジュール

必ず!!必ず!!!必ず!!!!
全て時間厳守でやってますww

毎日9時にはパソコンの前に座ってます。
子供達を笑顔で見送り、掃除に洗濯終わらせて9時には仕事開始させます。

これが守れないなら、その日はお仕事したらあかん!!って思って動いてます。かなりストイックに時間厳守です。

後はない!先だけ見る働き方

つい後回しにしてしまうと、家族が寝てからお仕事するハメになったり、明日の予定をまた繰り越して明日対応しなきゃいけなかったり…そしてどんどんスケジュールがズレていく!!
とにかく在宅ワークする上で、仕事を後回しにすることって自分の首を締めてしまうことに繋がります。

自由に時間が使えるというメリットがデメリットになる瞬間ですね。

働き方ルールを自分の中で作る。そして必ず守ること

私の在宅ワークはこう働くと決めている!

  • 子供(旦那さん)の前ではパソコンを開かない
  • 土日祝日はパソコンを開かない
  • 朝9時にはパソコン前に着席。息子の帰宅でお仕事一旦終了
  • 子供に必ず「おかえり」という。そして会話する
  • 学校行事など家族の予定は何より最優先
  • 仕事を詰め込みすぎない

家庭を持っている私にとって、仕事メインにスケジュール組んでしまうといつか絶対崩れてしまう。
なので、家族を第一に!家族との時間を最優先に考えてお仕事しています。

そして、後回しは絶対しない。
何があっても、その日のタスクはその日に必ず終えるようにしています。

お仕事前倒し法

以前、家で働く先輩がこう言ってました。

仕事のできる人は、時間内で仕事をこなすだけでなく、先にある仕事もやってしまう

そう。これなんです。これが在宅ワークで大事なんです!
自由に使える時間だからこそ、有効的に使う。そして自分の働き方に変えてしまうポインツーーー!

私は、今日の仕事が終わったらそれだけで満足はせず、明日の仕事も手をつけるようにしてます。
そして、明日の仕事が終わったら、今度は明後日の仕事に手をつけるようにしてます。
そうすることで、もし「こどもが急に熱だして今日休まないといけない!!」なんてことにも余裕のよっちゃんで仕事休めるし、仕事に追われて生活リズムを崩すことも、子供の目の前で無理して仕事することもない。

時間を自由に使える=やれることはやれるうちにやってしまう!

という働き方です。
これって在宅ワークだから、自分で仕事を管理するからこそできることなんですよね。

 

時間が自由に使える最大のメリットを、自分でデメリットに変えてしまわないように!
ダラダラ余裕持って仕事するのではなく、常に時間との戦いだと意識することで在宅ワークする楽しみ方も違ってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加