2016.11.14

旦那さんからの理解を得るまで

私の旦那様は超がつくほどアナログな人間です。
そして、フリーランスWebデザイナーという職業も未だに詳しく理解していません。
私が家でお仕事をし始めた頃は、私のする行動に理解ができなかったようで、何度も何度もぶつかってきました(涙

アナログな旦那さんにはWebのお仕事が理解しづらい

フリーランスWebデザイナーで多いのが旦那さんも同業という夫婦。
うちの姉夫婦もそうなんですが…
旦那さんがプログラマーで奥様がデザイナーという、なんとも素晴らしく羨ましい限りのご夫婦が私の周りにはとても多いです。

Webのお仕事をしている旦那さんなら制作の現場をよく知っているので、
今の時代リモートワーク(在宅ワーク)で働く女性が増えてきているというのも理解しやすいと思います。
また、Webの制作費用を知っていると、自分ひとりで仕事をこなせばどれくらいのスケジュールや打ち合わせが必要で、売り上げがどの程度出るとか想像しやすいと思います。

が、、
Webの世界を全く知らず、アナログな人には、少し難しい働き方に見えるのかもしれません。

家が職場になるという理解

家で働く私の紹介私がフリーランスになり、在宅ワークをはじめた頃、一番はじめに直面した問題。
それが、家族の前でパソコンを開いて集中すると嫌がられるという問題です。

納期で追われてたら「ちょっと今日は納期だからご飯作れない!!」なんて、部屋に引きこもってしまったり、
夕飯を少し早く食べ終わったからメールチェックをしていたら「子供がまだ食べてるんだぞ!」って怒られたり、
家族でゆっくりまったりする時間にPCばーっかり見てたら旦那さんの機嫌がすんごい悪くなったり…

これを繰り返しているうちに、どんどん旦那さんの不満も積もっていったらしく、家族の前でパソコンを開くこと自体、イライラされるようになりました;;

だから私は家族の前ではPCは開かない

旦那さんにイライラされた環境で仕事だって捗るわけがない。
それを見ている子供達もかわいそう。
だったら、いっその事家族の前ではパソコンは開かないと決めよう!

その決断が正しかったのかは分かりませんが、旦那さんの苛立ちはなくなりました。
そして私も、お仕事をする時間がさらに限られたことによって、1つの仕事をいかに短時間で仕上げるかという努力をするようにもなりました。

打ち合わせや交流会で外出するという理解

デジタルハリウッド大阪校にて在宅ワーク講師Web制作には、必ず打ち合わせがあります。直接会わなくてもお仕事ができる時代なので、打ち合わせと行っても必ず外出するわけではないのですが、私の場合は平均して月に1回は外で打ち合わせをすることがあります。

基本的に打ち合わせはお昼の営業時間にお願いしてますが、中には夜じゃないと厳しいお客様もいらっしゃいます。
また、打ち合わせの時間が子供の帰宅時間より越えてしまう場合もあったり、勉強会やイベント、在宅ワークは引きこもってお仕事するだけではありません。

どうしても外出しないといけない時
どうしても家に帰れない時

誰かの手助けが必要です。
旦那さんに、家で働いてるけど外とも接点があるということも知ってもらうのが大事です。

収入についての理解

お仕事の理解も大事なのですが、私はここがとっても重要だと思ってる。

お金のこと。

自分がどれほど収入を得ているかは、在宅ワークって示すものがない。銀行の通帳を見せたり、確定申告の書類見せたり…w そこまでする必要もなく、私の周りのフリーランス達は旦那さんに自己申告してますww
だからこそ、だいたいの収入を大まかでも良いので伝えておくことで、打ち合わせや大事な納期も理解してくれます。

子育てや家事の理解

働く親の間で必ず問題になるのが、家のこと。
子育てや家の中の掃除に地域のこと、お金の管理…家庭を持ってる夫婦には仕事以外にも沢山やることや考えることがあります。
それをどう分担するか?在宅ワークをはじめる前に話し合っておきましょう。

家で仕事をする=家にいるから何でもできる

なんて思われがちなんですが、そうじゃない!
お仕事する時間は仕事に専念すべき。家の雑用をスケジュールに入れてしまってはいけません。

私もそこで失敗しました…
旦那さんにとったら「家で仕事なんて楽だから家事も子育てもできるでしょ」って考えだったらしく(ITもよく分かってない人なので)全ての負担が自分にありました。
結果、背負いすぎて体を壊してしまった経験があります。
必ず夫婦で役割を分担して、お互い助け合いながら在宅ワークを楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加