2017.12.10

第3子の妊娠・出産とフリーランス(在宅ワーク)の挑戦

今年の8月、待望の第3子を出産いたしましたー!

今回の妊娠…まじくそしんどかったです(ヽ´ω`)
何度も吐きました(›´ω`‹ ) ゲッソリ
何度も涙しました(*ノДノ)・゚・

それ故、生まれてきてくれてから赤ちゃんの可愛さに毎日がバラ色です。もう赤ちゃん孫レベルです。

 

そんな今年、私がフリーランス(在宅ワーカー)になり5年目にして挑戦したことが数々ありました。
妊婦だって産後だって、おうちで楽しく働けるんだ!
(この記事は「今年やったこと Advent Calendar 2017」10日目の記事です!管理者の@yoshipanさん!ブログ更新するきっかけくれてありがとうーm(__)m)

8ヶ月続いたつわりとフリーランス

妊娠が分かったのが昨年の大晦日。
そして半月もしないうちに奴らはやってきた…

そう。この世が醜く歪んで見えてしまうつわり(›´ω`‹ ) ゲッソリ

上の2人の妊娠中は安定期になればつわりは落ち着いてたし、1人目の時は1週間くらいしかしんどい時がなかったから、私はきっとそういう体質で今回も乗り切れるだろう!と、甘く考えていました。(産後3日後まで苦しむつわりだとは…orz)

これまでどんなに忙しくっても、家事・育児の時短を常に考えて実践して失敗して学んで…
やっとこさ短時間で質の良い仕事をこなすスキルを身につけることができました。家で働くことで自分の時間・収入・子供達との時間も増え、「在宅ワークって最高じゃないか!」というレベルまで辿り着いたんです。

 

が…

つわりで思うように動けなくなった途端、育児も家事もお仕事も。全てがうまく回らなくなったんです。

 

まぁ、旦那さんは忙しいからほぼ家いないし頼れる身内も近くには住んでないもので、自分がぶっ倒れたらこうなっちゃうことって目に見えてたんですけどね…
これまで2人の妊娠の時はそれほど体に負担もかからなかったので大丈夫だろうと思ってたのが大間違い。
つわりなどの妊娠中のマイナートラブルは毎回違うということ。3回目の妊娠で知りました。

元気があればなんでもできる!って言いますけど、ほんとその通り。
自分がぶっ倒れて全てが一気に狂ってしまったんです。

体調がよくない時の働き方に挑戦

終わりが見えないつわり…船酔い状態の毎日。
空腹だと気持ちが悪いけど、食べたらもっと気持ち悪くなる。どこにいてもニオイが気になり吐き気が絶えない。
1日の終わりにはぐったりして吐き気が止まらずトイレに引きこもる日も。あまりにも吐く日が続くものだから子供達が「ママが死んでしまうー」と泣き叫んだことも。
気持ち悪さだけではなく、昼間は睡魔に襲われ心身ともにぐったりして心もちょっと不安定に。
妊娠初期はこれまでにはないほどのしんどい毎日を過ごしていました。

そして、妊娠すると分かっていたわけでもないので4ヶ月先までお仕事は詰まってました。

私はフリーランス。基本、1人でお仕事してる。
「体調が悪いのでしばらくおやすみにします」
なんて身勝手なことはできません。

つわりがピークを迎える頃には、納期が迫ってる案件を複数抱えていました。

さぁ、どうする。どうやって働く。
誰かにお願いするか?いや、ご指名いただいたお仕事ばかり。お客様の為にも途中で投げ出すのだけは絶対にしたくない!

じゃ、

体調の良い時間を狙って集中して仕事をするしかない

よね

妊娠初期の働き方もまとめてますが、今見てもほんと良く乗り切ったなと…(泣きそうになる

家事も仕事も…体調と相談して活動

『子供がいない時間だけ働く』と決めていた私のフリーランス生活。
子供達が学校や保育園に通いはじめてからは仕事の時間が増え、この2年間は好きなだけ働くことができました。

でも、妊娠したことによってその働き方は一変。

時間があっても気分が悪ければ良い仕事なんてできない。
体調が優れてる時だけパソコンに向かうようになりました。

1日の中で今だ!という時を狙ってパソコンの前に座る。しんどいなーと疲れたらちょこちょこ休憩。
妊娠初期は凄まじい眠気にも襲われるので1時間パソコンして1時間寝て…そんな働き方をする日もあれば全く何も手につかない日もありました。

お仕事ができる時間は以前の半分に。
時間は半分になってもお仕事の量はそのまま。

そんな状況から、以前よりもっと限られた時間で質の良い仕事をこなすことを考えるようになったんです。
(そんな時短ネタを、今後のフリーランスセミナーの為にストック中ですm(__)m)

 

救いだったのは、お仕事してる時間は不思議とつわりの症状が軽減したということ。
2人目妊娠の時は『パソコンつわり(パソコンしてる時だけ気持ち悪くなる)』で苦しんだのに今回は好きなデザインやコーディングをしてる時はつわりがおさまったんです。

ほんと、つわりって謎だらけ。
つわりにルールなんてないんだよな…。

妊娠中も続けられたIT在宅ワーク勉強会

つわりなどのマイナートラブルだけでなく、3人目となるとお腹が大きくなるのも早いんですよね。
電車に乗ると最強に気分が悪くなるし、大きなお腹でますます自由に外出ができなくなり…。

外出するお仕事は控えるようになり、私の引きこもりフリーランス生活の中で、唯一、外に出れるセミナー登壇もお断りすることが増え始め…( TДT)
やりたいことができない毎日に心も不安定に。常に気持ちと体が葛藤していました。

 

そんな中で、2016年から開始したIT在宅ワーク勉強会だけは継続することができた。
一緒に活動してる仲間と参加者の方のご理解や支えがあったからだと心より感謝しています。

 

自分が自由に動けなくなって改めて感じることができた人の優しさと思いやり。

家で仕事がしたい人の為に何かできないかな…とはじめた勉強会が、いつからか自分にとって支えになっていると気づいたのです。

フリーランスは計画的に

働き方が自由なフリーランス。
いつ仕事しても、どんな仕事しても基本的に自由。
だから収入も自由。

妊娠が分かった時、すぐに頭に浮かんだこと。
「働けなくなる」
ということは、無収入になる時期がある。

会社員のように産休や育休制度がないフリーランス。
仕事を休めばもちろん無給になるですよね。そしてその穴は自分で埋めなければならない。

また、給料面だけでなく、
「休んでる間に仕事がなくなってしまったらどうしよう」
「産後は育児もあるしどうやって働けばいいのだろう」
なんて不安はつきもの。
フリーランス5年やってても同じ不安が襲ってきました。

2人目妊娠した時は独立して間もなかったので、フリーランスを継続していくには産後に何が必要で、妊娠中に何を準備しておけば良いのかなんてさっぱり分からず、産後は1ヶ月で復帰、複数の案件を抱えながら3ヶ月でお打ち合わせ5ヶ月からセミナー登壇していました。

もう、必死すぎてあの時の記憶があまりないほど…。
子育てしていたというより、フリーランスとして働くことに必死でした。

妊娠中に産後の働き方を考える

2人目の時の経験を活かし、産後に無理のある働き方をしないよう妊娠中にできることを考えました。

  • 無収入の期間をどうするか(必要経費など計算し貯蓄)
  • 保険などの見直し
  • 産後復帰はいつ頃に?(お世話になってるお客様にもご連絡)
  • 生まれてくる子の保育の検討

その他にも、産後は赤ちゃんのお世話で手一杯になるから家庭環境も大きく変わります。
手助けしてくれる身内が近くにいない環境であれば外出するお仕事はNGになるし、子供が増えれば増えるほど常に誰かの何かをしている状態になるわけで、お仕事する時間は更に制限されてきます。

 

働き方が自由なフリーランスだからこそ、働けなくなった時にことも考えておくことが大事。

今回の妊娠は産後の育児や働き方を事前に計画してただけあって、時間も心も余裕があり、育児もお仕事も楽しむことができています。

産後の働き方に挑戦中

妊娠9ヶ月から産休に入り、産後は3ヶ月でお仕事復帰。

約4ヶ月間のお休みをいただいたわけですが、メインPCを起動しない期間がこれだけ空いたのも15年Webやってきてはじめてのこと。
自分のフリーランス生活を少し離れたところから見直すことができ、良いきっかけにもなったように思います。

また、仕事から離れることで育児に専念でき、貴重な新生児の時間も堪能することができました。

 

そして現在、3ヶ月になる息子の育児の合間にお仕事をしています。
3ヶ月はまだ寝てる時間が多く、あまり動かない時期でもあるので育児をしながらのお仕事は比較的に楽!

と言っても、

夜の授乳で数回起きるし、抱っこしてーーーって夕方はグズグスだし、オムツだって頻繁に変えないといけない。
夕方になると上の2人が学校(保育園)から帰宅。そこから育児と家事の戦争がはじまる!夜は疲れて寝かしつけと共に寝落ちする毎日(ヽ´ω`)
以前のように寝かしつけてから起きて仕事する気力も体力も残ってません;;

でも、妊娠中に身につけた新たなスキルがある!!
育児楽しみながらも大好きなお仕事で適度にストレス発散させていただいておりますm(__)m

限られた時間だからこそ挑戦できること

赤ちゃんのお世話をしながらでも、新しいお仕事に挑戦することは続けています。
限られた時間だからこそ、新しくはじめた働き方があるんです。

空いた時間に…クラウドソーシングのコンペに初挑戦。

育児が落ち着いてくると「空いた時間をうまく活用したいな」と、パソコンする余裕が出てきました。

そこで!クラウドソーシングに初挑戦!
といっても納期のあるプロジェクトに参加するのはまだ厳しいので、隙間時間にできそうなバナーやアイコン制作をメインにコンペにチャレンジしてみました。

コンペ形式で勝ち取ってお仕事をいただくという働き方にドキドキワクワク!
他のデザイナーの提案と比較したり、選ばれなかったら反省したり…
今までやってきた受注してからの制作とは流れが大きく違う。ヒアリングするのではなく、記載されている指示や表現をうまく汲み取り、限られた空間にデザインし提案します。

これまでWEBサイトからの集客やご紹介でお仕事繋いできましたが、自ら仕事を勝ち取るという働き方は初めて。
自分の実力を試すきっかけにもなり、今まで気付かなかった反省すべき点も見えてきました。

マンツーマンでWEBのお勉強会

赤ちゃんが小さいので外出はできないのですが、我が家には週一で誰かが遊びに来てくれます。
多くはママ友なんですが、ママ友の中には「どうしても家で働かないといけない」という悩みを抱えた人が非常に多いんです。
私もそうだった。働く選択肢が家しかないという…。
そんなママ友からのお願いで、週一でWEBデザインを教えています。

ちょうど同じくらいの歳の子がお互いいるもんで、ママ達がパソコンしてる横で子供達は楽しそうに遊んでくれてる。
子供も楽しいし、ママも有意義な時間になるし、私はこの時間がとても好き。

忙しかったあの頃には思いつきもしなかった働き方です。

家族でお仕事の打ち合わせに行ってきた

赤ちゃんを長時間誰かに預けることもできないので、打ち合わせなどの外出はまだ難しい。
ということで、新しく始まったWeb案件の打ち合わせ(撮影)に家族で行ってきました!

写真の好きな旦那さんにはカメラマンとしてお手伝いしてもらい(あ、あと赤ちゃんの抱っこ係w)、ちょうど子供の写真素材が必要だったので息子にはモデル役をしてもらいました。その写真達を使って私がWEBデザイン。
完成したデザインはお客様に大変お喜びいただきました。

ちょうど、私の仕事に興味を持ちはじめた息子にとっても刺激的な時間となったようです。

年明けにそのWEBサイトが公開予定。
アナログな旦那さんや息子にユーザー目線で指摘してもらったりと、家族で制作を楽しんでいます。

 

 

そんなわけで、今年は妊娠に出産とフリーランス5年目にして大きな挑戦となりましたが、結果、変わらずおうちで楽しく働かせていただきました。

その時の子供の成長や環境に合わせて働き方を変えるって、まさにこのことだなーと。
新しいことに挑戦するきっかけをくれた赤ちゃん!ありがとう!!

変化する環境で制限されることが多くても得られるものは大きいということ。その時その時の楽しみ方があるんですよね。
フリーランスって奥深い。

そして、今、隣でニコニコしながら足をばたつかせてる息子があと2ヶ月もしたら寝返りをはじめ、あっという間にハイハイがはじまり、パソコンに猛突進してくる日もそう遠くはないという。

私のフリーランス人生。また新たな挑戦がはじまりそうですヾ(゚д゜ )三( ゚д゚)ノ”

The following two tabs change content below.
アイミン

アイミン

3人の愛する子供達を育てながらお家で働くフリーランスWebデザイナー。 フリーランスの為の勉強会を主催したり、WordPressでサイト作ったり、黙々とコーディングしたり、チョコ片手にデザインしてます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加