2017.04.10

妊娠5ヶ月ようやく安定期に突入しました!妊娠初期と在宅ワークの働き方まとめ

実は!現在妊娠5ヶ月の私…(実はというほど隠しているわけではないのですがw)
やっと>< やっとこさ、妊娠5ヶ月の安定期に突入いたしました〜!!!まじで長かった…妊娠初期。。。

妊娠中期になり、安定期に突入したのでそろそろこのブログでもリアルに妊娠と在宅ワークについて記事として残していこうと思います。
これからフリーランスとして活動されたい方とか、在宅ワークに興味のある方、まさに今妊娠と在宅ワークで悩んでる方に少しでもヒントになることが残せたらと思います!!

妊娠で一番しんどいと言われている「つわり」と在宅ワークの働き方

そう…

世の中が歪んで見えてしまう「つわり」。
経験された方にしか分からない。本当に本当にしんどいつわり。

私はこれらのつわりを経験しました。

  • 食べつわり…食べてないと常に気持ち悪い
  • 吐きつわり…突然吐き気におそわれて吐いちゃう
  • 喉つわり…喉に異物が詰まってるような、吐き気も感じるつわり
  • においつわり…犬並みの嗅覚になり、苦手なにおいだと吐き気が!

いやいや・・
全部やないかい!!と、思わず突っ込んでしまうほどのつわりオンパレードでしたw

ひとりめ、ふたりめの妊娠の時はそこまで感じなかったつわり。
今回は超ひどかった…もう、どのつわりに関しても詳しく説明ができてしまうほど!笑
このつわりが妊娠2ヶ月から5ヶ月まで(そして今もまだちょっと継続中)続きました。

3ヶ月です!

でも、その間、仕事もしっかりこなしてきました。
勉強会で講師活動もしてきました。

今だからこそ話せる、つわりと在宅ワークについてまとめてみようと思います。

無理はしない

まず、これ。一番重要。

いっぱい仕事してきたし、講師活動もしてきたけど、決して無理はしてません。
体がしんどいって感じたらすぐ横になってじっとして動かない!!
回復するまで休む!だって、在宅ワークなので誰にも見られてないし仕事のペースは自分次第です。

つわりのひどかった時期は…

1時間仕事して1時間休む

この繰り返しでした。
仕事部屋の横には寝室があるので、ベッドにダイブ!!
とにかく妊娠初期は眠い。睡魔が常に襲ってくるし、体がだるい。重い。
そして気持ちも沈む…何するにもマイナス思考。

だからこそ、休みたいと思ったら思うがままに横になる!
夕飯も作れないけど今は仕方ない!
子供達をお風呂に入れれない時もある。でも今は仕方ない!
部屋も掃除できない。でも今は仕方ない!

「つわりはいつか終わる」のだから。
今は無理をする時期ではない。

と、分かってはいても、思うように動けない体と心と、仕事への焦りで泣くこともありました。
そんな時にはフリーランスの先輩にヘルプ!泣きながらメッセージ送って聞いてもらってすっきり!
で、またお仕事とつわりと育児を繰り返して3ヶ月経過しました。

経て思うのが、自分の体調や気持ちを向き合いながら仕事が楽しめたこと。
仕事していると不思議とつわりも軽減したり…
心と体が比例しているのも感じた妊娠初期でした。

これがもし、外に働きに出ていたら…
電車でにおいつわりに苦しみ、仕事中吐き気でトイレに何度駆け込むのだろう。
眠くっても寝てはいけない。休みたくっても周りに迷惑かける。
方法はあるかもしれませんが、今回、在宅ワークの良さを身を以て感じたわたしです。

お仕事のパートナーには連絡を

妊娠して一番悩んだこと。
パートナーとしてお仕事している方に、どのタイミングでお伝えすれば良いだろう…ということ。

妊娠がわかったらすぐ?
それとも、なにかと落ち着いてくる安定期?

難しい選択でした。

ただ、妊娠は自分の体に何が起こるのか分からないもの。
迷惑をかけてしまうかもしれない…という気持ちは常にありました。

そこで、妊娠前からお仕事を約束している方(妊娠中に納品する予定のお仕事)には妊娠3ヶ月から連絡をはじめました。
その中でも、現在進行中のお仕事パートナーには最優先で連絡。
幸い、ご理解いただき、優しい言葉もかけていただいたのですが、仕事は仕事!無事に納品が終わるまではきちんとお仕事をしたい。
何があっても納期は必ず守るという私の在宅ワーク。納期を守れる範囲内(自分の生活の中だけ)で働き方を変えました。

この時期、とーーーってもタイトなスケジュールのお仕事があり、正直どうなるのかと不安もいっぱいだったわけですが、無理をしない働き方で自分の体調と向き合いながら無事に納品。
終えたあと、またひとつ、在宅ワークの働き方を身につけ、学んだ気がしました。

乗り越えられたのは、パートナーの優しい言葉と心遣いがあったから。
感謝しています。

出産に向けて産休などの計画を…

フリーランスWebデザイナーのお仕事は長期にわたる案件もあります。
それほどボリュームのない案件であっても、クライアントの都合によりスケジュールが変更することも…

その為、妊娠がわかったら産休や復帰の目処を考えておかねばなりません。

私が2人目を出産した時のこと。
妊娠・出産と在宅ワークがはじめてだったのもあり、無計画すぎましたw
その為、自分がしんどい思いをせねばならなかった…

無計画だった為に、結局、陣痛がくるその日までパソコンを起動したり…
産後は1ヶ月もしないうちに復帰。
当時はがむしゃらだったんですが、出産は命がけ。産後はしっかり体を休まねばなりません(今は平気でも更年期にくるらしい…)

在宅ワークの産休について

在宅ワークの仕事の内容にもよると思いますが、わたしがしているWebデザイナーというお仕事で産休について考えてみました。

まず、納品してから1ヶ月は修正や更新といった作業が発生することがあります。
また、納品日が決まっていてもクライアントの都合により延びてしまうこともあります。

その為、出産予定月の3ヶ月前には、すべてのお仕事を終えておく必要があると思います。
そして産休は妊娠8ヶ月頃からとりたいものです。

妊娠8ヶ月になるとお腹も大きく、長時間パソコンの前に座ると腰痛とか肩こりとか目疲れとか…
妊娠特有のマイナートラブルが出てきます。

「これくらいの案件なら受けても大丈夫!」

なんて、甘く考えていたらダメー!!
だって、何が起こるか分からないのが妊娠。
自分都合だけで決めてしまうと、最悪、お仕事もできない状態になりクライアントにも迷惑をかけてしまいます。

産休は自分のことだけではなく、お腹の赤ちゃんのこと、家族のこと、クライアントのこと…
周りの人のこともちゃんと考えた上で決めるべきだと思います。

在宅ワークの産休から復帰について

ここが難しいところ!
私の周りのフリーランス達…みんな口を揃えて言うのが

「産後ゆっくりしようと思ってたけど結局は産後1ヶ月くらいから活動してたわ!!」

みんな一緒なんだーとww
私も2人目の時、産後3週間で復帰してました。
どうしてもお願いしたい…というデザインのお仕事があり、断ることができなかった自分。
もしかして、ここで断ったらもうお仕事もらえないんじゃないか…
そんな不安から受けたのかなとも思います。

でも、かなりしんどかったのを覚えている。

産後数ヶ月は赤ちゃんは3時間起きに起きる。そのたび、体力を使う授乳がある。
もちろん睡眠不足状態。まともに仕事ができる状態じゃない。
ただでさえ命がけの出産を終えたあとの体。無理なんてしちゃだめ。

昔の人は「産後1ヶ月はテレビみ見てはいけない」と、よく言ってたんですよね。

目からくる疲れはかなり体に負担があります。
心では大丈夫!って思っていても、体はそうじゃない。
ふたりめの産後復帰で学びました。

ということで…

今回は産後3ヶ月はゆっくりします!
パートナーにも3ヶ月後の復帰をお伝えしています。

ただ、3ヶ月後にフルで復帰はできません。
すこーしずつ、赤ちゃんとの生活に慣れながら在宅ワーク復帰させます。

そして、産後の働き方は赤ちゃんが寝ている時間だけにしよう!と決めています。
これも自分の在宅ワーク経験から学んだこと。
赤ちゃんってあっという間に成長しちゃうんですよね。今はその一瞬です。大事にしたい。

生まれてから3ヶ月までは数時間起きに寝てくれます。
よく寝てくれる時期は、赤ちゃんが寝てる時間=お仕事の時間。
そして、たまに自分も一緒に寝て休息を…

在宅ワークだからこそできる産後復帰の働き方です^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加