在宅ワークといえば、ここ数年でお仕事が急増しているWebデザイナー
クラウドソーシングなどでも、Webデザイナーのお仕事は年々増え続け、依頼する企業が常に良いデザイナーを探しています。
比較的、在宅ワークの中でも1件あたりの制作費用も高く取れるのがこのお仕事。
スキルを身につけ、在宅ワークで本格的に収入を得るには最高の職種です!

Webデザイナーってどんなお仕事?

完結に言うと

「ホームページを制作する人」

です。
「ホームページを作る…」と聞くと、凄くハードルが高く感じますが、ホームページと一言で言ってもサイトが出来上がるまでには様々な工程があり、その工程ごとにお仕事として依頼されるというケースも増えてきています。

ホームページ制作に必要なお仕事(スキル)

では、ホームページを制作するにはどんなスキルが必要なんでしょうか。ホームページ制作の工程順に見ていきましょう!
また、それぞれのスキルごとにお仕事として依頼されることも多いので、ご覧いただく際に「これならやってみたい」と思えるものを見つめてみましょう。

企画/構成(コンサルティング)

在宅ワークのお仕事 Web制作の構成や企画ホームページを作る上で欠かせない、スタート地点。サイトの企画や構成です。
制作前に必ずクライアントにヒアリングを行います。
ターゲットユーザー、デザイン、コンセプト、また、ホームページの構成について。1つのWebサイトは複数のページで構成されてます。そのページ内容やサイトを訪れた人の導線を考えながらサイト構成を提案・企画します。

→ お仕事にするには…
コンサルティングにも近いこのお仕事はITやWebの知識が必要となってきます。
勉強をすれば身につくものでもなく、必ず実務経験が必要となります。
ただ、最近ではWebコンサルティングという職種も増えてきているのが現状です。

ディレクション

在宅ワーク ディレクターのお仕事クライアントと連絡を取りながらサイト制作を進行していくお仕事です。クライアントからヒアリングした資料をまとめ、それぞれのお仕事を適任者に振り分けます。
Webの知識はもちろん、コミュニケーション能力が必要とされるお仕事です。

→ お仕事にするには…
クライアントとお打ち合わせが必要な為、Webディレクターのお仕事を在宅ワークだけでしていくのは非常に厳しいと言えるでしょう。
今はPCなどでテレビ電話を使って(SkypeやChatWork)直接会わなくても会議が出来る時代になりました。
ただ、サイトを制作する人は使いこなせていても、クライアントは使えない人が多いのが現状です。

デザイン

在宅ワーク WebデザイナーWebデザイナーとしてのお仕事で一番多いのが、このデザイナーというお仕事。
デザイナーとひとことで言っても、バナー制作やランディングページ制作・TOPページ制作やコンテンツページ制作など様々です。
デザインをする為には、パソコン1台と専用ソフトがあれば大丈夫。(あとはデザインセンス!)
専門学校に行って学ぶ人も多いですが、独学で身につける人も少なくはないようです。

→ お仕事にするには…
比較的クラウドソーシングなどでお仕事を募集しているので、コンペ形式で応募したり、知人から依頼されたりと、初心者の方でもはじめやすいです。特に、Webデザイナーは女性に多く、在宅ワークのお仕事としても年々増えているようです。

構築(コーディング/プログラム)

在宅ワーク コーディングデザイナーがデザインしたデータをWeb上で見れるようhtml化させるお仕事です。
複雑な文字コードを理解し、専用ソフト(またはソフトを使用せず)記述していきます。
かなり高度なスキルが必要とされるので、しっかり時間を確保して学ぶ必要があります。
また、html化だけでなく、最近ではCMSといったブログ構築システムをホームページに組み込むなどコーディングの中でもお仕事が細かくわけられます。

→ お仕事にするには…
コーディングもデザイン同様、クラウドソーシングなどでお仕事を募集しているのをよく見かけます。スキルさえ身につければお仕事は山ほどある時代です!
ただ、しっかり基礎を抑えて正しいスキルを身につけなければいけません。

 

ホームページといっても色々なスキルが必要なので、敷居が高く感じますが全てひとりではじめなくっても、得意なところだけ集中して勉強するのもひとつの方法です。
また、Webサイトが消える日は来ないと思いますので、身につけておけば、どこかで役立つスキルだと思います!